どうしても2017年の夏を忘れたくない

それは六本木での出来事です。

 

デビューもしてないジャニーズJr.のグループに熱をあげることが世間から冷ややかな目で見られることなど百も承知だし、実際ジャニオタでありながらその気持ちを持っているのも事実です。

 

しかし、2017年の夏のTravis Japanのステージは絶対に忘れたくないのです。一生の宝物にしたいのです。

 

1人のメンバーが抜ける事がわかってたからとかそういうことではなくて、あの時の彼らはアイドルという枠とはかけ離れたステージを作り上げて、命を削って、魂をぶつけ合いながらパフォーマンスをしていました。

私はこれまで色々なコンサートを見てきました。だけど、このTravis Japanのパフォーマンスは今まで見てきたどのパフォーマンスよりも凄まじいほどの熱量を感じて、月並みな言葉しか出てこないのが苦しいけど、心が震えて、一生大切にしたい思い出になりました。

 

もちろんグループや演出の方法によって色々な楽しみ方があるから、この時の彼らの公演が特に心に残らなかった人もいると思います。それはどんなパフォーマンスを見たって、そういう人が1人でもいるのは当たり前のことだと思います。

 

だけど、彼らのパワーをあんなに感じられたのに、私は簡単に忘れちゃいけないし、ずっとずっと大切にしたいと時が経つほどに感じます。あの時の彼らは、とんでもなく強くて、だけど脆くて、蒼くて、嘘みたいに輝いてた。過去形だと語弊があるけど。

 

 

もう二度と、この時のメンバーが揃うことはない。そう思うと一層大切な思い出として輝くように感じます。

あのセットが前に動き出した興奮を、心から楽しそうにパフォーマンスをする彼らを、一生忘れたくない。

 

 

先日も書きましたが、Travis Japanはまた新たなステージへと進んでいます。

新しいTravis Japanもきっと、どのグループよりも最高のパフォーマンスをしてくれると信じています。

 

過去は過去、だけど時に振り返りたい眩しいくらいのあのパフォーマンスを私はずっと大切にしたいです。

9人だって8人だって、もう何人だって、すべてTravis Japanが今のTravis Japanとして輝くための軌跡なんです。無理やり消すことなんて出来ない。忘れる必要なんかない。どんなTravis Japanでも、私の目には他のどのグループよりもキラキラして見えます。華があるとかないとか、そんなことどうだっていい。

 

 

 

 

 

Travis Japanが大好きです!

新生Travis Japanの幕開け

湾岸での公演、お疲れさまでした。

私は行ってないんですが。

 

とにかく、賛否両論あって当たり前です。仕方ない。松松*1にはこれから先すごく厳しい道が待っていると思うから、それは何とか踏ん張ってほしいものです。ダンススキルの違いにせよ、風当たりの強さにせよ。

 

しかし、たった1年弱でここまで環境の変わるユニットもなかなか無いです。近藤真彦大先輩のツアーについてた頃は「トラジャが大人に推されてる。キタコレ。」とかちょっと思ってたけど、そこからあれよあれよと転換期が次々やってきて、昨日一昨日の公演があったわけですが。

彼らは強いですね。もっと弱音吐いても咎めたりしないよ、とも思います。ただ彼らはアイドルです。頑張っている姿や悩む姿を見せるわけにいかない立場。よく諦めずに頑張っているなあと思います。

諦めた結果の増員とは思いません。そんなこと考えるなら事務所辞めるだろうし、松松にも失礼だし。そして「苦肉の策」でもない。

松松だって「Endless SHOCK」の長丁場の公演がある中で、きっと物凄い悩んで、公演中に今回の曲入れ・振り入れをして…結成時からのメンバーは「PLAYZONE」という舞台で力を付けてきたわけだけど、松松は他のメンバーにはない「SHOCK」という武器があります。立つ場所は違えど、培ってきたものは確実にプラスになる。

色んな意見があるだろうけど、もしかして松松がトラジャに加入するのはとてもベストな状況なのかもしれない…と、少し思います。正解とか不正解とかないし。

 

どんどんメンバーが減って、ファン以上に精神をすり減らされたであろう本人たちが「さらなる向上」と「夢のハリウッド」を目指して増員を決めたこと、私は応援したい。

ていうか、受け入れるしかなくない?「追加加入とかマジ無理」って思ってても、決まっちゃったもんは仕方なくない?ファンが署名活動でもしたところで事務所は動きませんよ。SMAPだって解散しちゃうんだもん。我儘言うなよ。ファンは勝手に好きになっといて偉そうにするなよ。ダメだと思うなら離れていけばいいよ。

 

松松は、とにかくこれから色々悩む事があると思います。トラジャはシャカリキに踊らない。常にスマートにパフォーマンスすること、松松が体に染み込むまでは時間がかかるかもしれない。それに、トラジャは意外と歌が上手い。そして、自分たちでほとんど全部作ってる。とてもクリエイティブな集団。

そして何より、トラヴィスの名前が入っていることを心から誇りに思っている。もちろんトラヴィス本人も彼らの事を深い愛情で育ててくれている。

 

 

嫌な事言う奴は見返してやろう、見てる人は見てる。

これからも最高のパフォーマンスを期待しています。

*1:松倉海斗、松田元

森田美勇人、22歳だってよ

ということで、森田さんお誕生日おめでとうございます。

もう22歳か。早いなぁ。

 

昨年はこんな記事を書かせていただきました。

universal-arch.hatenablog.com

 

昨年の時点でLove-tuneすでに結成されているのに、少しも触れていない(笑)

いや今でも認めてませんけどね

 

 

21歳は色々変化がある年なのかもね~とかぬるいこと言ってますけど、

色々どころじゃねえんだわ過去の自分よ。まじで。

森田美勇人がTravis Japanじゃなくなる未来なんて想像もしてなかったよ。

 

私は森田美勇人のダンスに惚れて、彼が踊り続けるかぎりずっと応援したいと思っていました。ただ、それは幾ら彼自身が本気でダンスを続けていようが、彼の周りに彼を引き立てるTravis Japanがいて、彼がTravis Japanの他のメンバーを引き立てるということが大前提だったんです。

 

森田がセンターじゃなくても浮かないグループはトラジャしかないと思っています。彼の異様なまでのダンスパフォーマンスをグループとして中和できるのは、どこを探してもトラジャしかいない。(あとはプレゾンカンパニーね)

だからこそ、こんな未来が来るなんて想像できなかったし、したくなかった。

 

今年の夏、Travis Japanとして最後のEXシアターのステージを一度だけ観ました。

 

ああ、やっぱり森田は踊るために生まれてきた人だ。最高にアートだ。そう何度も思いました。それが最後とわかっていても。

ステージ上で、彼は本当に心から楽しそうに踊るんです。心からの笑顔で。画面越しや誌面越しでは感じられない、実際に目の前で見る森田は、本当に楽しそうだった。

 

あーーーー…現実は残酷だな…なんて終わった後に思ったり。

 

Love-tuneの活動スタイルを考えると、もう私が見たい森田はこの先見れない。きっと「森田のダンス最っっっ高だな!!やっぱ好きだわ!!」って感情になることはこの先無い。

ベースを弾く森田が嫌いなわけではない。ベースって地味な楽器だしテクニックがなければ成立しないし、かっこいいと思う。ダンス以外の武器を持つ森田は強いと思う。

だけど森田のダンスに惚れていた私は、この先「好き」が更新されることはない。

 

 

森田美勇人さん、22歳の誕生日おめでとうございます。

Love-tuneとして単独ライブも終えて、元旦からの舞台出演も決まって、今はちょっと休める時期かと思います。ハメを外しすぎないように気を付けてください。

これから先、森田美勇人という一人のアイドルとして生きるためにLove-tuneを選んだのは、過程がどうあれ森田自身で決断した事だと思います。これから先、森田美勇人というアイドルのポテンシャルが爆発してくれないと、ずっとひねくれた事しか言えないです。Travis Japanを捨てたという言い方は良くないかもしれないけど、捨てたんです。Travis Japanをあきらめたんです。そしてLove-tuneを選んだのです。絶対売れてください。Travis Japanはもう前を向いています。いつまでも森田の存在を惜しく思っているようなグループじゃありません。

 

22歳はジュニアとしては若くありません。これから1年、何があるかわからないですが、日々をどう過ごすかが大切だと思うし、それは本人もわかっていることだと思います。まあ、そっと応援してます。ずっと踊っててください。おめでとう。

 

死ぬほど好きで生きてみろよ もっと濃い人生を 

仕事は抱きしめちゃくれないけれど

見上げりゃ空からパワー補充

旗を振れ青空に 行け!Big Sky Blues

 *1

*1:関ジャニ∞ Big Sky Blues

ふぉ~ゆ~が好きすぎる話

いやマジで。

最近ふぉ~ゆ~が好きすぎて、これ書きながらちょっと泣きそうなんですけど(病気)

 

自分でも何故なのかちょっとよく分かっていない。

トラジャに色々ありすぎて疲れてしまった部分は大いにあります、それは嘘つけない…だってたった1年で9人のグループが5人になるのは異常事態すぎるじゃん…しかも抜けた4人のうち2人はまだ事務所にいて、しかもデビューしたわけでもなくて、他のグループに移籍したんですよ…何これヘビーすぎてキツイ…

 

それが原因ってわけではないんですが、自宅にテレビもパソコンもない、あるのはiPhone5Wi-fi環境だけの私が癒しを求めて辿り着いたのが

 

あらゆる手段で「ふぉ~ゆ~のぴたラジ」を聞く

 

だっただけの話です。ありがとうネット社会。

おかげで光の速さでふぉ~ゆ~にズブズブハマりましたよ。GACHI行かなかった事をとんでもなく後悔していますよ。ポーラちゃん見たかった…

 

そもそも私自身おじさんが好きなんで(ふぉ~ゆ~のことをおじさんとは思っていませんけど)、自分より若い子にハマる事の方がおかしな話なんですが*1とにかくふぉ~ゆ~って私の好きなタイプというか理想というか、そういうものをギュッと集めた4人組だということが徐々に判明しまして、この先抜け出せる自信なし。

 

まず

ふぉ~ゆ~は皆長身

→辰巳君は172cmで成人男性の平均くらいなんですが…福ちゃん178cm、コッシ―178cm、ザキさん180cmと昭和生まれにしては珍しい長身グループ。私、背の高い人大好きなのでふぉ~ゆ~は超該当してて最高。

私自身は約162cmで低くはないけど高くもないので、あまり大きすぎても「デカ…こわ…」ってなっちゃうから178~180cmって本当ベストすぎて最高。

 

年齢がマジ好き

「年齢がマジ好き」とは

って自分でも思うけど(笑)、本当にちょうど良い年齢すぎる。私は上述のように(世に言う不遇の)92年組で現在24歳、ふぉ~ゆ~は1986年生まれ、つまり年齢差6~7歳。(私は早生まれなので実質7歳差になります)

めちゃめちゃ絶妙な年の差~~~~~~ふぃ~~~~~~~~最高かな~~~~~~~

すんごい年上でもなく近すぎるわけでもない、この絶妙な年の差!!

ふぉ~ゆ~は今年度で31歳、私は今年度で25歳。結婚するのであれば超適齢期。あ~~~~何これ~~~~~めっちゃ理想的~~~~~~*2

 

福ちゃんの私服がドンピシャ

→これね。福ちゃんの私服、実はめちゃめちゃこだわりが詰まってて最高なんですよね…

福ちゃんが身につけているアイテム全てが素敵でたまらない。色々調べてたらとあるお店を知る事が出来たので機会を見つけてお邪魔しようと思っているのですが、ちょっと心して行かなきゃ…だって洋服が本当に好きな人が行くようなお店なんですよ…福ちゃん、おそらくそのお店が地元だからっていうのもあると思うけど、お洒落すぎるよ…ちなみに個人的にはベースボールキャップを狙っています。ツバが長めで可愛い。あとANATOMICAのマリリン。高くて買えないけど…*3

すり~ゆ~の私服は正直好みではないので(ごめんなさい)気にした事ないんだけど、みんな細身でスタイル良いから大体何着てても似合うよね

 

喫煙者

完全に性癖()のやつ。

喫煙自体はやっぱり喫煙者含め周囲にも害があるので良くはないし、私もたばこは吸わないけど、喫煙してる人見るのはすごい好き…かっこいい…

 

 

やっぱりダンス

→ふぉ~ゆ~は(トラジャほど個性殺してはいないけど)揃っているダンスがやっぱりかっこいい。

2年前の少クラで披露した「Black Joke」も、時間がない中だったせいかバラバラだったとふぉゆ担の方々はおっしゃっていたようですが、私としてはカメラワークと相まっていい感じにカウントズレしてたのが「これがふぉ~ゆ~の真骨頂なのか…!」ってちょっと感動した(よく見たらコッシ―はフリ間違ってた…よね?)

あと少クラで(当時はまだ)They武道とSnowManと一緒に披露したリアデラね!!これ感動ものですよね。今思い出して泣きそう*4

何度繰り返し見てもふぉ~ゆ~だけカウントが違うんですよ。いいですか、ふぉ~ゆ~は今までタキツバのツアーに帯同したり、なんならタキツバデビュー前からリアデラ踊ってる人達です。くう…たまんねえ…

けっこうSNS上では話題になってましたよね、コレ。

「ふぉ~ゆ~はタキツバよりリアデラ踊ってきてる」つってね。かっこいいぜ…

 

楽屋ノリがアホみたいに楽しい

→これは各DVDのメイキングやら情報局動画やらぴたラジ聞くやらして頂ければ抱腹絶倒間違いなしです。保証します。

個人的に好きなやつピックアップしていきます。

 

ふぉ~ゆ~をご覧の皆さん!!DVDで~す!! 

おなじみ「★さよなら!~青山劇場★PLAYZONE30YEARS★1232公演」のメイキングです。

初めて見てた時普通に聞き間違えたのかと思ったわ。

コッシ―の「D担当してます」も「コイツ笑いをわかってるな…」すぎてじわじわ面白い。

 

(常識クイズの回答が判明して)

あ~~~~~~~!!!!夏休み~~~~~~!!!!!!(福田)

放送は2017年10月、辰巳君の「冬休み前だわ(笑)」までセットで面白い。

 

そんなでっかかったらおはぎじゃん!!(越岡) 

もはや語り継がれる「その大きさじゃおはぎじゃん」エピ(レストランでGが出た話)

 

スイマセーン!!(超高音)(松崎) 

ザキさん幹事による飲み会エピソードの話。これが聞きたいがためにザキさん幹事の話をふる福ちゃん「そうそうコレコレ♪」

 

(寝言でパンダ…と言っていたことを暴露され)何だろうね、遊園地行ってたのかな(越岡) 

出ましたナチュラルド天然。

からの、

待って待って、遊園地じゃなくて動物園じゃない?(松崎) 

まさかのザキさんに突っ込まれるコッシ―。ザキさんが突っ込むことはほとんどないのですり~ゆ~「うぉ~~~~~↑↑↑」(テンション爆上げ)

 

(KAT-TUNのBIRTHの曲受け)

べム、ベラ…タカ(松崎)

間違いなく日本人が混ざってる。

 

(越「え~ラジオネームあずささんからの…」

あずさ2号で~~~~~す♪(?)

最近までこれの元ネタが曲ってこと知らんかったよ…

 

でもねぇ、俺バック苦手なんだよね…下ネタじゃないよ(福田)

にやにやしながら話す福ちゃんが容易に想像できて楽しい

別の回では「バックの駐車」を楽しそうに何度も言う福ちゃん。中学生レベルの下ネタで盛り上がるベテランジャニーズJr.さん。

 

まだハゲてねえよ!!これからだよ!!(越岡)

謎のハゲ宣言。ぴたラジでは割と高い頻度でコッシ―のハゲ宣言が聞けます。

 

見る分にはミニスカートがいいけど、横に置きたい人はロングスカートかなあ(越岡) 

超絶パワーワードの「横に置きたい人」

まずロングスカート好きって聞いたことある福ちゃん。福ちゃんとコッシ―は楽屋でそんな話してんのかい案件。

 

(辰「カシスオレンジとシーザーサラダって言っときゃいいだろ、 て思ってそうな女子があまり好きではない…」)

山本の亮ちゃんじゃん(福田)

いつも突然犠牲になる宇宙Six山本亮太(当時はThey武道)

 

(五関「え?バク転できなきゃいけないのに福ちゃん…?」

うるせぇなぁ!(福田) 

めったに聞けない駄々っ子福ちゃん(ちょっと違う)

これの直後の「でも五関くん俺バク転できるようになったんだよ!」がすごい可愛い。(今は出来ない)

なお五関様も話し方が割とぽやぽやしていて可愛い。

 

黒バイ警官…あっ、白バイ警官(松崎) 

白バイ警官役のために黒髪にしていたことをギュッとしちゃったザキさん

 

お前それイン(↑)トネーション (↓)が違うよ(越岡)

これ好き(笑)ぴたラジ聞いてるとたまにこれ出てくるけど、イントネーションのイントネーションが違うという本末転倒っぷり(もちろんコッシ―はネタで言ってます)

 

 

 

もうこれキリがないので強制終了(笑)

まじで全国区のラジオやってほしい…ぴたラジより緩くて雑なラジオやってほしい…どこに要望だせばいい?文化放送NACK5

 

とりあえずジャニ勉にはふぉ~ゆ~出してって要望送っといたよ!!(まじ)

 

 

 

いや~大好きだな~ふぉ~ゆ~

一緒に飲みに行きたいところだけど、たぶん酒好きの彼らにはついていけなくてダウンすること間違いなしだから隣の席に偶然来てほしい(笑)その場合お持ち帰りしてくれても良いね!!

 

…ふぉ~ゆ~の恋愛ってどんなだろうね…

 

まあ色々噂やら週刊誌やらありますけど(笑)、そりゃふぉ~ゆ~だって30歳すぎた男性だから色んな恋は間違いなくあったでしょうよ。東京という大都会には色んな人がいて、ましてや芸能界は出る側だけじゃなくて作る側にもわんさか人がいるんですよ。加えて彼らにはプライベートでも友人が当たり前にいるわけですよ。さぞ大恋愛を経験されたことでしょうよ。私は無いけど。あ、いらない情報だね

 

ふぉ~ゆ~ともし恋に落ちるなら、て妄想してみても、いかんせん自分に恋愛経験がまったく無いもんだから「恋愛経験の乏しい彼女を優しく(時に楽しく時に強引に)引っ張るイケメン彼氏」的なストーリーしか出てこない。皆恋愛ってどうしてんの?私は自分のことブスだと思ってるけど、恋愛ができないほどのブスではないと思ってるよ…まあガチのナンパって今まで1回しかないけど…モテ期も中1の時しか経験してないけど…

 

でもふぉ~ゆ~はもう大人なので、振り回したり振り回されたりするような恋愛はしないだろうね。それとっても理想的。穏やかでいたい。

辰巳くんとデートするなら、ドライブだね(レンタカーだけど)時にスタジアムに行ってサッカー観戦したり、私が無理やりバスケ観戦に連れていったりしたいなあ。辰巳くんなら楽しんでくれそう。お家デートなら…試合のDVD観戦かな(笑)私の中学時代の試合とか見せたい。まあマネージャーだったから試合は出てないけど。ベンチで早々に涙している姿しか見えないけど。そして何度も観ている試合でまた涙する私をケラケラ笑ってくれ。

福ちゃんとデートは、私たっての希望でお買い物です!!選んでほしいわけじゃなくて、福ちゃんの洋服選びを眺めたい!!休憩は喫煙できるカフェだね。「いっぱい歩いたねえ」「ねー」ってカフェラテ飲んでのんびりしたい。福ちゃん出不精らしいから飲み会とかあんまり行かなそうだしね。基本休日はだらだらしながら一緒にいそう。

コッシ―は、勝手にものすごいシティボーイのイメージがついてしまっているので、丸の内とかで普通にデートしたいかな。ちょっとこじゃれたレストランでランチして、小さなシアターで映画見て、ゆっくり(コッシ―の家に)帰りながら感想語り合って、夜はちょっと手の込んだ鍋つついて、冬ならホットワインで温まってぬくぬくしたい。ホットワインにはグルックというスパイスをいれます。スウェーデンホットワインの飲み方らしい。

ザキさんって身近にいたら100%好きになると思う。男前だよね…ザキさんは外より中がいいな。家の中で割とお互い自由に過ごして、外に出るなら「よぉし!!ラーメン食いに行くぞ!!」「うぇいうぇいうぇい」つってアホみたいに盛り上がりながらラーメン食べに行くくらいでいい(笑)たまに外出るとしたら遠出したいかな。温泉とか。大江戸温泉物語でもいいよ。たまにどっちか運転してちょっと港の方行ってお寿司食べたりね。まあ私は生魚苦手だけど(湿疹でるから)

 

あ~~ふぉ~ゆ~と幸せになりたいね~~~~~特にコッシ―と結婚したら玉の輿みたいなもんじゃ~~~~ん(万年貧乏)

 

でもぴたラジ聞いてて思うけど、ふぉ~ゆ~は彼女いる感がすごい。辰巳くんは話を回す役回りだからちょっとわからないけど、すり~ゆ~絶対彼女いるよね。福ちゃんもちょっとわかんないけど、昨年のフライデー砲()が事実ならエマちゃんと破局してしまっていても新たな彼女いるでしょ。絶対モテるじゃん。

 

話がだいぶそれましたね、5000字超えちゃったよ。

 

 

つまりふぉ~ゆ~大好きすぎて色んな妄想膨らんじゃうよって話です。

こんなに身近な存在なのにどこを探してもこんなイケメンがいない…すごい、会いに行けるのに会えないアイドル…

 

というわけで、ふぉ~ゆ~が気になる方、ぜひ!!ぴたラジ聞いてください。教習所のローンの話とか(笑)腋毛の話とか(笑)性癖とか(笑)ジャニーズではグレーゾーンと思われる話をバンバンしている親しみやすさ満点のラジオです。*5

かと思えばパフォーマンスを見たらかっこよすぎて震えます。ラジオの中でアホみたいな事言ってる4人とは別人です。超かっこいいです。四者四様のパフォーマンス且つ息の合った、ふぉ~ゆ~だからこそのパフォーマンスです。

上述の少クラも十分かっこいいですが、かっこいいふぉ~ゆ~を見たいならSHOCKかプレゾンです。またはKinkiコンのDVD。

 

このまま私の思いを書き続けると10,000字超えてしまいそうなので、とりあえずこの辺でふぉ~ゆ~への愛はとどめておきます。

 

サンキューサンキューで~~す!!

 

*1:ちなみに同い年のジャニーズというと、ジャニーズWEST重岡大毅・SnowMan深澤辰哉、佐久間大介渡辺翔太、宮舘涼太Love-tune真田佑真など所謂92年組。ダテ様は誕生日が3日違いです

*2:ちなみにもう少しで自分が25歳になることにビビっている

*3:なお福ちゃんが岸優太くんにプレゼントした通称ドМバッグもこのお店のものです

*4:中学生のころから、バスケ部の後輩が得点決めるだけで半泣きになる涙腺ガバガバ女こと私です

*5:関ジャニ∞は生放送で元カノがどうとか舐めまわしたいとかやりたい放題なので、それを知っている人にしたら物足りないかな…ただぴたラジは収録なのでソレ系はカットされている可能性大

責めるのも肯定するのも間違いじゃない

Travis Japanの最年少・梶山朝日が「デキ婚」で退所するらしい。

 

 

SNSで噂程度の話を知った時は半信半疑だったけど、先日終幕を迎えた舞台のレポートを眺めていると、まあ概ね間違っていなさそうだなと。

でもさ、正直責めるのも違うと思うし偉いっていうのも違うと思うんですよ。反面、責めるのも合ってるし褒めてあげるのも合ってると思う。正解がない。と、思う。

 

きっと女性関係はそんなに良くなかったと思う。ただ、ステージ上のカジは本当のエンターテイナーだった。それだけは変えられない事実。

プライベートのことをとやかく言っても仕方ないのがファン。仕事をきちんとしてくれる事が一番。アイドルとファンの関係なんてそんなもんだと思う。

だけど、これから先も正真正銘エンターテイナーのカジを見れると思ってたファン、特に担当の人は今どう思っているだろうか。

トラジャの人数が減りに減って、心機一転頑張ろうという時にこういう事態になったこと。きっと良く思わない。

まだ10代だから、ステージに立つ人間としてのこれからを楽しみにしていたファンは絶対に悲しくて悔しいはず。

認めたくない。相手の女性を責めるに責められない。そんな感じかな…

 

バカだなぁ、カジ。前にメンバーに似たような事件あったんだから気を付けなよ。遊ぶのは勝手だけど、そこに新たな生活が生まれてしまうと訳が違うじゃん。

6人で頑張ろうとしてたトラジャはどうなるの?また一人抜けたことでこれまでのフォーメーションでは成り立たない部分が必ずでてくる。6人だったらつけたかもしれないデビュー組のツアーがあるかもしれない。もしかしたら、チャンスをいくつか逃してしまったかもしれない。

これから6人で出来たであろう色んなことがかなわなくなる。残った5人プラス少しでもカジを認めてくれていた人たちに少なからず迷惑はかかっている。そう考えると、叱咤されたって文句は言えない。

 

私は、カジは仲間や大人に怒られて当然のことをしてしまったと思う。

 

でも、成り行きだったとしても相手の女性のお腹に宿った命を優先したことは素晴らしい決断だと思う。

女性にとって結婚・出産は人生において大きなこと。相手の女性も、もしかしたら成り行きかもしれない。当人同士のことはわからない。けど、これから明るい未来が待ち受けているであろう小さな命のために、カジ自身が身を切る思いで今の夢を一旦諦める決断をしたことは、一人の人間として誇っていいと思う。

これから自分の血を分けた宝物が生まれる事、不安もあるかもしれないけどステージに立つ事と同じくらい何にも変えられないかけがえのない日々が待っている事、それを選んだ。

 

梶山朝日という人に、祝福をしてあげたい。今はまだ噂の域を出ない。これがもし捏造だったら未来の朝日パパへ。

おめでとう。きっと生まれてくる子はカジに似てハッキリした顔つきの子だね。たくさん愛してあげよう。人を育て上げるのは簡単な事じゃないと思う。いっぱい悩んでいっぱい苦しむこともきっとある。親であることが心苦しくなることもあるかもしれない。

頑張ることでもないかもしれない。でも、頑張って奥さんをサポートしてあげてください。頑張って素敵な家庭を築いてください。いつか子供に、カジがステージで輝いていたことを話せるといいね。DVDもあるから、見せてあげられるといいね。

 

 

 

 

 

 

トラジャの前進をまた遅らせてしまったかもしれない。それは責めてもいいことかもしれない。

でも男として、人間として決断をしたことは祝福してあげてもいいと思う。

アイドルも人の子。忘れてはいけない。

 

 

 

今回はいずれ雑誌で語ってくれそうもない内容だけど、葛藤があっていいと思う。メンバー同士にしかわからない信頼感とかが絶対にあるから、裏切られたと思ってしまうのも凄くよくわかる。

きっとここから、また上がっていけると信じています。

 

憧れのドリームステージに行けるまで、ずっと応援しています。

 

 

(追記)これを書き終えて公開する前にTwitterを少し覗き見したら、次号のアイドル誌にはすでにいないようですね。退所確定と思ってよさそう。

ただ、何やらカジの子供じゃない…?なんだかよくわからないのでこの話題はこれっきりにしたいと思います。過ぎた事はどうしようもない。

元気でね、カジ

ジャニオタやめたいけどやめ方がわからない話

 

小学5年あたりに嵐・松本潤をかっこいいと思い始めなんやかんやあり10年以上ジャニオタとして生きてきました。

中学にあがれば「ごくせん2」の放送でKATーTUNが大ブレイクし、「その前から好きだったし」と謎のプライドを掲げ、後にデビュー2年目あたりの関ジャニ∞を追いかけ始め、それを大学卒業間際まで続け(途中ちょっと寄り道したけど☆)まさかのジャニーズJr.に手をつけるというジャニオタのよくありそうなパターンを踏んできました。

 

 

 

 

 

 

 

そう、純度200%のジャニオタ。なのですが。

いい加減ジャニオタやめたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと半年もすれば私は四半世紀生きたことになる。その半分以上もジャニオタである。あまりに現実から目を背けすぎている。そりゃ彼氏もできないわ。妄想ばっかりしてる場合じゃない。

月20万ももらえない職場だけど、私も一般的な成人女性くらい良い洋服を着たいし美味しいものも食べたいし、海外に旅行も行ってみたい。一人暮らしで実家も自分もガチ貧乏だけど、それなりに生活の質も上げたい。今は5帖ワンルームのバス・トイレが一緒の部屋に住んでいるけど、もう少し広くてゆとりのある綺麗な部屋に住みたい。運動不足解消のためにランニンググッズもそろえたい。

 

 

願望を言い始めたらキリがないけど、でも今の生活に少しでもプラスアルファがあればいいなと思う。要は高給の仕事に転職したらいいだけの話だけど、だとすると私はなぜ地元で仕事を辞めて車を売ってまで上京してきたのかわからない。

 

 

 

 

 

 

でも考えてみよう。

ジャニオタとはいえ私の応援スタイルは基本お金がかかっていない。自宅にテレビ・パソコンがないのでCD・DVDは買わない。(実家にはありますよもちろん…)雑誌は大した記事や写真じゃない限り買わない。一番最近意を決して買ったのがBRUTUSです。

そして現場はめちゃめちゃ頑張って2回が最高です。そもそもジュニアの現場はチケットが当たらない上に高額売買がすごいこともあり、当たれば(or声がかかれば)行くスタイルなのでチケットがなければ基本行かない。積まない。一番最近積んだのは昨年の滝沢歌舞伎で、それ以降は今後も一切積む予定なしです。

グッズもよほどの事がない限り買わない。今年のトラジャペンラは記念に一つ買いました。コンサートを観に行っても主に公演中は手ぶらです。だって邪魔だし。

 

そう、要するに現場に行く時は交通費+チケット代しかかかっていないのです。まあエイトは毎回母が勝手にチケット取るので遠征する分交通費がバカにならないのですが…

 

だから私がジャニオタとして出してる金額なんて他のジャニオタに比べたら足元にも及ばないので、ジャニオタやめたところで手元に残るお金で何ができる?ってのは十分わかっているのですが、でもジャニオタやめたい。浮いたお金が例え2,000円でも1万円でも私には喉から手が出るほど欲しいお金なのです。だってその数千円で家族の誕生日プレゼントをもう少しグレードアップできるかもしれないじゃないですか。年末年始しか帰省できなかったのがもう1回増やせるかもしれないじゃないですか。

 

 

 

 

 

だから私、ジャニオタやめたいんだけど、ジャニオタじゃない人って普段何してんの?え、毎日何を楽しみにしてるの?

私自身別に趣味がないわけではない。大好きな女子バスケの試合を観に行ったり、気になる映画を観て心を豊かにしたり、お気に入りのエッグタルトを買ったり…

でもそこにジャニーズがいないというのが不自然でしょうがない。トラジャの頑張りを見届けたいし、岩本さんの顔面最高だなってフワフワしたいし、深澤君今日も美人だなって思いたいし、関ジャニ∞やっぱりクソ頭おかしい集団だなって笑い転げたいし。

 

 

 

 

 

 

 

だから、もう決めた。

ジャニーズを切り離す生活は正直厳しい(結局)

 

でも現場は卒業します。

 

あ、滝沢歌舞伎はさくらもなかアイス食べたいから行く。プレゾンが復活したら行く。エイトは母が勝手にチケット取るので仕方なく行くと思う。(結構行く)

 

ジュニア追い続けてたら現場の数なんて際限ないし、どこかでスパッとやめるべきだなと思っていたので、ここらへんがやめ時かな!!だって私だってACNEのニット着たいし、A.P.C.のデニムもバッグも欲しいし、スキンケアもこだわりたいし!!自分の為にジャニオタ(緩)になる。まあ現時点でだいぶ緩いけど。

 

 

 

 追記(9/20)

相変わらずTwitterでは色々とレポやら何やらが流れてくるのでサラッと見たりしていますが、つい1カ月前まで現場に行っていたオタクとは思えないくらい沸かない…急にシャッターを閉めてしまったような感じです。

別に嫌いになったわけでもないし、むしろ今でも大好きだけど、何故だか急に興味がわかなくなっています。これがオタ卒の始まりなのかな…

誰も思ってねえよって感じだけど、皆様に勘違いしてほしくないのは森田がトラジャじゃなくなったから興味が薄れたとかではありません。だって私はトラジャが好きだからね。

森田のパフォーマンスはいつまでも特別なものとして観てしまうのは変わらないと思うけど、別に森田の人間性とかは知らないし、森田のキャラクター自体を好きかと言われるとむしろ好きじゃないし(笑)

ただ、ただただ私が心にゆとりがないだけです。この世に永遠はない。

 

 

 

 

 

関ジャニ's エイターテインメント ジャム 札幌公演

 

そのままですが、毎年恒例のツアー初日・札幌公演に行ってまいりました。上京しても北海道での公演しか行かない謎のスタイル。

 

 

私は既にファンクラブ会員ではないので、いつも母の名義です。今回は初のデジタルチケット、入場時にチケットを発券して初めて座席が分かるシステムです。デジタルコード印字してる方のチケットの柄かわいかった。各会場で違うのでしょうか。

 

昨年はまさかのスタンド最後列で(天井ではなかったけれど)逆に見やすくて楽ということもあり今回も席は期待してなかったのですが、奇跡的にスタンドの前列でした。嬉しい。嫌な思いもしましたが(笑)*1

 

 

まず、今回はニューアルバム「ジャム」を引っさげてのツアーということですが私は特にアルバム収録曲を知ることなく(家にパソコンもテレビもない原始時代のような生活を送っているため)なんとなく大丈夫かなー?な状態で行きましたが、一言で言うと普通に楽しかったです。

 

私は関ジャニ∞のバンド売りは大歓迎だし、むしろ今後もそれで成功してほしいので今回の構成は割と受け入れられました。ずっとバンドかい!長いわ!と思ったのも事実ですが(笑)

あと私は大丈夫だけど周りがバンド攻めに飽きてる様子だった。飽きてるっていうか中弛みみたいな感じかな?そりゃ5万人近く人間いたら色んな反応がありますね。

 

アイドル・関ジャニ∞を求めている人は後半まで楽しさを見出せないかもしれないけど、METROCK出演だったり丸ちゃんがBASS MAGAZINEに載ったり、関ジャニ∞の音楽面が「関ジャム」を幾に顕著に伸び始めてるのが私としては本当に本当に嬉しくて、もちろんまだまだ伸び代もあるし練習が必要な部分もあるだろうけど、本人たちの目指すところが明確になってきている気がして応援し甲斐があるなあと思います。

 

まあ「アイドル」という概念に囚われすぎるあまりに大したクオリティでもないダンスを見せられるのがあまり好かないっていうのもありますが…ダンスをやるならとことん詰めてきてほしいよね…2曲くらいでさ…それを考えるとFIGHTの時は各々の仕事量も今ほどじゃなかっただろうから、すごく良くできた構成だったかなと改めて思いますね。屋良しぇんぱい、何卒関ジャニ∞をよろしく頼みます(笑)

 

私は音楽のこと何も詳しくないので何も偉そうなこと言えないけど、とにかく今の関ジャニ∞の音楽は転換期にきてるのかなと思っています。

ガチャガチャした大阪ソングとは足を洗ってプロとして音楽を届けるのであれば、自ずと提供を受けるだけでは世間様は認めてくれないだろうから自作曲が必要になると思うし、且つクオリティも求められる。

 

でも関ジャニ∞には安田章大がいますからね…みんな知ってる?安田章大めちゃめちゃクリエイティブな奴だって知ってる?

今回のアルバムでは「Never Say Never」「JAM LADY」がありますけど、どちらも曲のクオリティとしては良いですよ。「Never Say Never」はスパイダーマンの日本語吹き替え版主題歌になっていて、ネット上では賛否両論ありますが、疾走感もあるしエンドロールの間にこの曲がかかっていたら爽快だなって思うんですが、いかんせん私はスパイダーマン見たことないから何とも言えないですね。とにかく「仲間を信じてりゃ大丈夫だぜ!!」って曲です。

JAM LADY」は散々話題にもなっていましたが、ゴリゴリ下ネタアゲアゲサマーチューンです(笑)安田って本当死角がない奴なんだなって思いました。けっこうアイドルであることを忘れない人だと思うから、こんな人間(というか男)くさいところ出してくるなんて、面白い人だなと思う…まあ曲の内容は基本「やばいマジ君超タイプなんスけど!?えっ、めっちゃS○Xしたい!!」なんですけど…(笑)

要するにRIP-SLYME感がすごい。暑苦しい下ネタ(笑)

 

一方こちらも天才の錦戸亮さんですが、今回錦戸が作った曲が「Traffic

これがねぇ…ま~~~~~~~素晴らしい。

以前ジャニーズWESTのラジオで神ちゃん*2が「Tokyoholic」をべた褒めしていたことがありますが、もうまもなくこの「Traffic」もラジオで流してくれることでしょう(笑)テイストは同じです。

もう徹底してオシャレ。錦戸は暮らし方とか考え方がやっぱりオシャレな人なんだなと思います。食生活とか細かいところ言い出すとそうじゃないこともあるけど(笑)*3*4

 「ドライブあるある」とかを調べまくってできた曲らしいんだけど、前述の「JAM LADY」の暑苦しい下ネタとは違って錦戸の下ネタはあっさりしててオシャレ。

変わり映えしない景色を眺めても

退屈凌ぎになるはずなんてない

時々見えるお城みたいなホテル

ドキドキすることに励んでるの?

 高速走ってるとたまにラブホテル街の横抜けたりするんでしょうね(道産子の私は都内の道路状況がよくわからない。北海道の高速道路はひたすら緑の中を抜けるだけです。)

錦戸の書く歌詞に出てくる下ネタは基本的にいやらしさがないのが良いんですよ。

 

あと、錦戸作曲になると主に洋楽のオマージュ?というか、そういうものがあるみたいなんですが、私は洋楽を全然聞かないのでよくわからない。聞くとしたらThe BEATLSとOKGOくらいですね。ピンポイント過ぎ。

オケから作り始めたみたいですが、大サビ?前のブレーキ音はどのタイミングで入れたんだろう…そう、急ブレーキの音が入っているんですよ。車のブレーキっていうよりは自転車のブレーキに近い音だけど。粋かよ。それまでこの曲は言葉も音も詰め込んでたけど、このブレーキ音の後一気に言葉数も音数も減るんですよ。そこからまた畳みかけるようにピークにもってくるんですが、素晴らしいの一言に尽きる。

そして落ちサビ?の「遥か先にあるそのゴールまで」のあとの音がずっと気になっていたんだけど、たぶんクラクションをイメージしてると思うんだよな…実際のクラクションの音はホーンの音だと思うんですが、この曲に関してはホーンの音ではない気がするんだけど、いかんせん楽器に詳しくないのでよくわかりません。ライブDVDが出たとき、オケの方々が映っていればわかるかな…

あと、そもそもイントロのアコギから最高だしオケの使い方もドラマチックだしめっちゃかっこいいので皆聞いてください。

 

結局公演内容に全然触れてないんですけど(1カ月以上前の話なのであんまり覚えていない)、なんか久しぶりに見た大倉が記憶より大きかった(笑)

 

 

 

残すところあと福岡公演のみだそうです。最後まで素晴らしいパフォーマンスを期待しています。行かないけど…(笑)

 

 

 

 

 

*1:過去何年も取る事ができなかった銀テープ、やっとの思いで赤を1本だけ掴んだのに前にいた真鳥担のウィッグかぶった女に奪い取られた。終わった後ツイアカ見つけ出してブロックしてやった(怖)

*2:神山智洋くん

*3:「焼きそばと生姜焼きでは170cmの壁は超えられなかった」本人談

*4:毎年1月~2月あたりに冷やし中華始めちゃう。ほぼ1年通じて冷やし中華始めちゃってる。