読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滝沢歌舞伎2016を観てきました


つい何日か前、偶然にもそれはSnowManが結成4周年の日だったのですが、滝沢歌舞伎11年の歴史の中で初めて私も観劇する事ができました。

まず簡潔に感想を述べますと、良かった。滝沢秀明アッパレ。
最初から最後までなぜか目に涙を溜めながら観劇させていただきました。
いや、正直前評判を聞いていたので尚の事セグウェイは意味分からなかったけど、あれを除けば文句はないですね。

私のように予備知識3割くらいの人間が観ても楽しかったので、何も知らない人が観ても楽しめるのではないかと思います。
とにかくエンターテイメントの集合でした。バレエありバトンあり、立ち回りや喜劇や何やかんや、とても贅沢な舞台です。
本物の歌舞伎のように、大向こう的な人も客席にいらっしゃったので、合間合間でそういった声が聞けたのも楽しかったです。滝沢様の女形、非常に奥床しく美しい。


あと写真やレポを見る限りではとても可愛いお丸ちゃん(深澤辰哉の女装)ですが、防振お借りして見てみると、ま〜ブスだった!笑
その代わり、お丸ちゃんの仕草だったり話し方(声はほぼそのままふっか)、あと肌の白さが女性らしさを際立たせていたので、総合的にお丸ちゃんは二幕のヒロイン間違いなしですね。
次点でヒロミ犬。役になりきってたと言って語弊がないかどうか…(笑)鳴き声も上手かった。

三宅くんも、痛いであろう足をもろともせず全力でやり切る姿はプロそのものでした。どうやら本日5月6日からはほとんどの演目に通常通り出演されているそうで、非常に嬉しいし、また観たいなと思っています。

出演者各個人、それぞれに思うところがあります。
全部を見られた訳ではありませんが、皆さんとても素敵でした。それは全員に共通する感想です。



残りの公演数も残すところあと僅かですが、今後も怪我無く素敵な舞台にして頂きたいです。
ご縁をくださってありがとうございます。絶対にまた行きます。