読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SixTONESにやってほしい関ジャニ∞の曲

久しぶりのこのシリーズです。

今回は、正直あまり知らないけれどどことなく可能性を感じてしまうSixTONESさんにやってほしい関ジャニ∞の曲を選んでみました。

 

なんで私がこれをやり続けるのかっていうと、やっぱり関ジャニ∞は音楽がめちゃめちゃいいんですよ。もちろん他のグループもいいです。でも、関ジャニ∞の音楽は「イヤホンで聞いてほしい」音楽を提供してくれるのが私はとても好きです。

 

SixTONESはバンドはできないけど、歌える人がいるからその点イヤホンで聴く音楽をやってくれそうだなって思っています。

 

これまで書いてきたものと被ってくるものもありますが、悪しからず。

 

WASABI

ええ、ゴリゴリに踊ってください。

SixTONESはやっぱりギラギラジャニーズソングが似合うと思う。

下ハモはジェシーがいいんだけど、そうなると主旋律が京本さん1人になるのが厳しいかなあ。

 

純情恋花火

爆モテSixTONES君臨。浴衣着て、野外のステージで花火あげながら。関ジャニ∞と同じ演出がいいね。すっごく風情あって、みんなセンチメンタルになって、悲しかったり感動する曲じゃないのにみんな泣くやつね。

 

FUN FUN FUN FUN FUN FUN FUN

あのRIP SLYMEさんが提供してくださったクラブミュージック的なアゲアゲソング。これをSixTONESがやらなくてどうする!?

これは田中樹の出番ですよ。

 

Dear Summer様‼︎

こちらもアゲアゲサマーソング。タオル回しながら盛り上がる曲です。ほらSixTONESやってそう。

 

泣かないで、僕のミュージック

すっごくいい曲で、ダンスもあって、でも適度にふざけられる貴重な曲です。SixTONES関ジャニ∞と同じですぐふざけちゃうから合ってると思うな!

曲は言っとくけどめちゃめちゃいいですからね。

 

Wonderful world!!

わちゃわちゃしようぜー!ハッピー!

大倉ソロパートのところ、高地くんでどうかな!?けっこういい気がするんだけど!?

 

RAGE

疾走感・パワーが溢れるエネルギッシュな曲なのに歌唱力相当必要な曲という難易度高い感じは今のジュニアだとSixTONESにしかできないんじゃないかな?これはダンスもなくて良いのでね。ぜひどこかで披露してほしいですね。

 

バナナジュース

これは横山・錦戸のユニットソングなので2人を選抜するとしたら、田中樹ジェシーですかねー。森本慎ちゃんでもいいかも。めちゃめちゃオシャレなのですよコレ。しんじゅりフープピアスよろしくな。

 

さよならはいつも

しっとり。47のDVDで錦戸がアレンジして歌ってるんだけどそれがサイッコーーーーーーにいいんですよ。そして紙吹雪がキラッキラ舞う中、本編の終了を迎えるんですよ。初東京ドームを素晴らしい演出で飾って。こういう心にグッとくる、お涙頂戴ではない泣ける演出がSixTONESに必要ですね。前述の純情恋花火然り。

 

罪と夏

基本アゲアゲサマーソングはSixTONESのものになります。

ただこの曲はめちゃめちゃ難しいよ。関ジャニ∞はただ皆同じ音で歌ってるグループじゃありませんよ。これ歌えるようになるとだいぶ見る目変わると思う。

 

Jackhammer

本家だと錦戸タバコポイ捨てドーン!ファイヤーーーーー!!!!な鬼のようにかっこいい演出でして、まあ歌割りも相当難しいけどこれ出来たらファン増えるね!!SixTONESはゴリゴリにカッコつける演出が多いから、これは相当合ってると思うな!

 

ふたつ手と手

ぬくもり溢れるドラマチックなラブソング。曲自体は短いし、これまた歌割りも何もかも相当難しいけどこれ歌えちゃったら向かうところ敵なしすぎる。この曲でおそらくドリ小書く子出てくるよ。

 

蒼写真

さあ、ラストでございますが、今時の子にあまり受け入れられなそうな言葉が並ぶ青春ソング。これDVDだと大倉が曲の雰囲気に飲まれて泣いてるんですけど、気持ちが痛いほど分かる。こんな儚い曲歌われたら泣くわ。

最後のすばさんのソロパート本当やばい。そこは絶対的エースである京本さんに願いを託して…

 

 

 

 

全体を通してみると、バンドという形以外で関ジャニ∞SixTONESはやれることが似てるかもしれないということに気づきました。おそらくご本人たちはKAT-TUN寄りのことやりたいんだと思うけど、ぜひ関ジャニ∞もご贔屓にして頂きたいです。