ジャニーズ銀座 B公演〜当日券は夢だけど夢じゃなかった〜

 

いや並んでみるもんですねクリエ。

 

 

 

 

 

 

当たりましたよ当日券…まじで何億年分の運を使い果たしたのかしら…ジュニア祭り追加公演外れたのはこの日のためだったのか…滝沢歌舞伎S席をA席にされたのもこの日のためだったのか…(全て実話です)

 

 

 

 

連日900人前後の人がおよそ10席程度しかないチケットを求めて並ぶんですよ。

そんなの当たるわけないと思いながら並んでる人の方が絶対多いんですよ。

私もそのうちの1人でしたよ。

リアルガチでコンビニ感覚でしたよ。

「今日のランチは何がいいかな♪」ってザギンでシャレオツランチをキメる予定でしたよ。

頭の中ではね。

 

 

 

 

 

 

当たっちまったやん?番号呼ばれたやん?

 

呼ばれた瞬間割と大きめの声で「ああっ」とか言ってしまって若干恥ずかしさを感じながら、いそいそと受付手続きをしたんですよ。

だってその時点ではまだ入れるかわからないしね、それがクリエの怖いところですよね。

 

身分確認で免許証提示したんですけど、クリエのお姉さんは免許証だと把握できなかったのか、

女性「集合の際は今お見せいただいた………」

わたし「免許証?」

女性「そうですね免許証…」

 

いや免許証ってこれほど分かりやすい身分証明書ないよね?笑

顔写真ついててサッと出せる身分証明書なんて免許証くらいしかなくない?笑

ていうか今までウン百人の免許証見て本人確認の作業してきてるでしょ(笑)

 

まあゴールデンウィークに休んだりお出かけしたりできないお仕事で毎日カスみたいなジャニオタ相手にしてたら疲れるよね…ご苦労様です…

 

 

 

で、実際公演を観れたかどうかというと、無事観ることができて客席に降りてきたしーくんとちょっとしたハイタッチできたりのえたんには至近距離でお手振りいただいたり(本当は触れそうだったけど距離があったのでそこまでには至らなくて、でもきちんと此方の顔を見て手を振ってもらえた。好き。)もうハチャメチャに楽しかった。

 

森田と宮近も近くまで来てくれたので顔を間近で見れた。クリエ最高愛してる。

 

 

 

 

 

細かいことは書きません。Twitterなど見てると私なんかより事細かにレポを流されている方がたくさんいるので、最後列にいた私よりはそちらの方々のレポの方が確実な情報が多いかと思います。

 

 

 

 

 

 

去年の夏あたりから今年にかけて9人が7人になってしまったTravisJapanですけど、なんだかんだ悲しみも時間が解決してくれるんだなーなんて思ったりして

 

「ただ前へ」

これは今のTravisJapanだから強烈な説得力のある曲

生きていれば楽しいことも辛いこともたくさんあるけど、とにかく何があっても進むしかないんだという彼らの決意表明だったのかもしれないなーなんて思いました

 

そして阿部顕嵐がいたことも仲田拡輝がいたことも忘れないでと言われているような気がした(阿部顕嵐に関しては今回の構成ではその辺りはわかんないけど、TravisJapanメンバーからはとても愛されてる存在)

 

 

 

 

のえたん作詞作曲のあれはさすがにグッとくるものがあるし、同時に怖いくらいの情熱や負けん気・やる気を感じた

 

オリジナル曲もらえないなら作ってしまえばいい

 

そういうことでいいですね?

 

 

どんなに嘆いても足掻いても、媚は売ってないだろうけど、大人は彼らに手を差し伸べてくれないんだ、やはり実力勝負の舞台班ジュニアという認識から外れることはできない

ということは自分たちでどうにかするしかない

曲作っちゃえ!己の手で!

あーあ最高。なんだそれ、最高じゃん。

 

もう彼らはとっくに次の一歩を踏み出していたのか

 

ついていくぜTravisJapan

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、ここからは見たくない人は見ないでね

 

 

 

 

 

 

 

もっとできるよTravisJapan、そんなもんじゃねえだろ!

 

とも思いました。

 

みんなめっちゃ疲れてた。もしかしてここ数年で一番スケジュールキツイのか。

しーくんフリちょっと間違えたし(いつもか)なんとなく全員揃ってない。いや上手いけど。全然上手いけど。

楽しそうにしてたけどみんな疲れてたよ。

何故かけもちの森田が一番機敏に動いてるのか。

別に森田が偉いとかそういうことじゃなくて、今はみんな仕事量と心身のバランスがうまく取れない時期なのかなとも思うんだけど、それじゃダメだよ。兄組はそんなことなかった気がするけど、特に弟組は明らかに疲れてた。

 

彼らのひとつの目標はあくまでデビューだと思う。現時点ではそれを達成することは相当厳しいけど、可能性としてなくはない。たとえ0.1%でも。

TravisJapanのウリが「一糸乱れぬ」「角度までこだわる」ダンスであることはだいぶ認知されてきて実力もあるはずなのに、そんな生ぬるいことして許されない。

 

 

今と昔のジャニーズJr.を取り巻く環境というものは全然ちがう。年齢層もあがってきてデビューする年齢も少しずつ上がってきて、それに伴って実力も必要な世界。顔が良くて雰囲気があればデビューできる時代は終わりつつある。

 

でもTravisJapanにはダンスという武器がすでに他に負けないものであるのに、そこに甘んじてはいけないはず。

 

 

 

もっとやれる!まだまだだよTravisJapan!

 

 

そう思った公演でもありました。

 

 

 

 

 

 

歌は、すごく上手いなと思うところもあればクソ下手じゃん練習してこいよと思うところもありました(笑)

がんばれ。