滝沢歌舞伎2017を観劇しました

 

今年も2度観劇させていただきました、滝沢歌舞伎。

 

昨年と大きな変更は特にないものの

ケンタッキーで新曲あり女形あり、とんでもないタッグで叶ったSnowManの新曲あり…セグウェイも変わらずあり(笑)

相変わらず演目は主に唐突に始まり初見のお客さんを置いてけぼりにする和のスーパーエンターテイメントです。

 

ここからは色々割愛しつつ、心に残っている場面をダラダラと書いていきます。ちなみに私は担当はいませんが滝沢歌舞伎で誰が一番好きかと問われると間違いなくSnowManのみんなです。

 

 

 

春の踊り〜いにしえで観客を一気に引き込むオープニング

何度見ても痺れますね。演者勢揃いで煌びやかなセット、映像演出、林翔太くんが赤い布を飛ばした先(2階上手)に赤いマントを纏った滝沢座長、そこからフライング…

これを見なければ滝沢歌舞伎は始まらないですね。あっぱれ。

新橋演舞場は奥行きがそこまであるわけではないので、アクロバットをした時に床の音がダイレクトに耳に届くのが好きです。

 

 

今年もムードたっぷりのMaybe

昨年と変わらず三宅健くんがバックに林くんと佐久間大介を引き連れてパフォーマンスするMaybe(V6の楽曲。曲の制作に森田剛が携わっています。超名曲)

健くんの佇まいも雰囲気があって素晴らしいし、何より後ろで情感たっぷりに踊るサクちゃんと林くんがたまらないですね。私は昨年見たときから演者・佐久間大介がとても好きです。彼は踊りながら演じてるように感じる。

林くんは20代も後半に差し掛かってきたこともあってねっとり感のあるグルーヴの効いたダンス。彼も素晴らしい俳優ですね。

 

パワーアップした林くんの演目 お化け

昨年は雪女の物語でしたが今年は滝沢座長主演の映画に合わせて「こどもつかい」をまたしても一人でひたすら演じ続ける林くん。

彼は凄い。あたかも今目の前で惨事が起きているようなド迫力の芝居を見せてくれます。とんでもない才能の持ち主。

今年はあまりなかったですが、林くんは歌も歌えます。声量もあるし音程もブレない。歌・芝居・ダンス(は正直秀でてるわけじゃないけど普通に上手)どこをとっても才能に溢れてる林くんです。

林くんはジャニーズのマキタスポーツなのかもしれない(才能が渋滞してる)

 

 

これ以上ない豪華さで、あえてゴチャつかないSnowManの新曲「Boogie Woogie Baby」

衣装・三宅健プロデュース、振付・A.B.C-Z 五関晃一、楽曲は100以上あるデモテープから滝沢座長が選曲・編曲というジャニーズ史に残る豪華タッグで叶ったこの曲ですが、文句ないですね。

健くんのファッションセンスが存分に注ぎ込まれた衣装(もしかしたら好みではないという方もいるかもしれない、ちょっと今時ストリート風)はとてもカッコいい。

曲も前向きだしメッセージ性もあって良い。

何より振付ですね。アクロバット集団で売ってるSnowManですが、実はアクロバットやらなくても十分魅せられることを五関様はよく理解している上でのパフォーマンス。そして「やればできるじゃんSnowMan」なパフォーマンス。

ぜひザ少年倶楽部での披露を楽しみにしています。そして音源化も。

 

 

渡辺翔太の「全開き~!」と岩本・宮舘による刀投げ

梯子のてっぺんに行く渡辺にいつもそわそわしながら、全開き状態でひっくり返る瞬間はいつも泣きそうになっていました。あれ見てるだけでも怖い…渡辺もやる時はやる子ですね。

そして刀投げ。昨年はなかった部分です。怖い。投げる方も相当なプレッシャーだろうけど、受けとる方も飛んでくる刀は絶対怖いはず。2人の信頼関係があってこそのものですね。かっこよかったです。

 

 

ケンタッキーによる素敵で奥ゆかしい女形

昨年観劇したときも思いましたが、滝沢座長の女形は奥ゆかしくて触れてはいけないような儚さのある美しさ。素敵。

一方、今年女形に初挑戦した健くんはどこか男っぽさは残っていて、(私が観劇したのは4月中旬)千秋楽までの間に成長が楽しみな印象でした。

来年も観たい演目の一つです。

 

 

宮舘涼太のお囃子・岩本照の講談

座長のラジオを聴いていたら、一人で3つも鳴り物をこなす人は本当の歌舞伎でもいないとのこと。恐るべし宮舘。クオリティも高いと思いました。全体の流れは決まっているとはいえ、立ち回りとの呼吸を合わせるのも大変そうなのに見事にやり抜いた彼の技量と熱意をぜひ評価してもらいたい場面。刀投げも戸板倒しも同じく。大事な場面にいつも宮舘涼太

岩本さんの講談もかなりサマになっていて、よくもまあ早口であんなにリズムよく語れるなぁと。すごいね。講談の指導をされていた方かな?Twitterか何かで岩本さんの出来栄えを褒めていらしたのも嬉しい。そして衣装が似合いすぎ。

 

 

今年も江戸どころか日本一のいい女・おまる

まず顔ではないということをお伝えしておきます。今年はナチュラルメイクだったね、おまるちゃん。

仕草や振る舞いが妙に色っぽいんですよね。何なんだろうあれは…(笑)自分を女子脳と分析する深澤くんのことなので、自然と女性らしさが滲み出てしまうんでしょうね。あとは人間観察力があるということと、彼自身の女性経験からくるものかな(笑)

 

阿部ちゃん演じる菊三が最終的におまるちゃんにプロポーズしたみたいですが(笑)、うんうんわかるよと思ったりしています。

 

おまるちゃんから脱したWITH LOVEの深澤くんは、メイクを急いで落とすからなのか鼻のあたりが赤くなっていたのが可愛かったです。

 

 

 

 

 

 

さあそしてそして

室龍太くん

今年の出演者で関西から1人やってきた室龍太くんです。さぞ心細かったであろうと思っていますが、過去にはSnowManと舞台も出演していたのでそこまで孤独感はなかったかな?

所々で重要な役を任されていた室くんですが、とても良かったと思います。

個人的には特筆してめちゃめちゃ良かった所は思いつかないのですが、きちんと滝沢歌舞伎の世界観に入り込めていたように感じました。

来年も続けて出演するかどうかは分かりませんが、それまでの間にここで得たものを関西の舞台でアウトプットしなければいけません。

東京の舞台が全てではない、関西にだって素晴らしいものはたくさんあるはず。

座長のラジオで「正直ナメてた」と言っていた室くんですが、ナメてかかっていたことに自分で気付けている時点で次のステップを踏めているのではないかなと思うので、彼の成長も楽しみだなぁと思います。

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、滝沢歌舞伎2017お疲れ様でした。

谷村くんは悔しい思いをしたかもれしないけど、怪我してしまったものは仕方がないので少しでも早くステージに戻ってきてもらえることを楽しみにしています。(実は1公演だけ復活した時にたまたま観劇できました。怪我かどうかも分からないくらい普通に出てた気がします)

 

渡辺のナベ郎もよかったよ!笑