私がLove-tuneを好かない理由

 

タイトルを見て「は?」と思った方もいるでしょうが、吐き出すところがここしかないので御構い無しで書きます。

 

私は、TravisJapanが大好きです。

毎年夏に行われていたPLAYZONEの2012年の公演から正式に結成され、2015年の終演まで欠かさず出演していました。

ただ、ほぼ「PLAYZONEのために」結成されたユニットだからか、PLAYZONE以外のユニットでのお仕事は非常に少なかったかと思います。

 

 

私がTravisJapanを好きになった最初のきっかけは森田美勇人です。

関ジャニ∞への情熱が冷め、とりあえず少し前に7WESTにハマっていたしデビューしたばかりのジャニーズWESTを見ようと毎週楽しみにしていた「ザ少年倶楽部」を見るうちに、恐ろしいまでのダンスの才能の持ち主に目を引かれ、ネットで調べるうちにTravisJapanというユニットがあることを知りました。

その後、同番組で中山優馬のバックダンサーとして「9人全員」でのパフォーマンス。

私はこの時の大歓声が何を意味しているのか深くはわかっていなかったけど、後で知って「こんなにファンに望まれている子達なんだ」と胸を打たれたような気持ちになりました。

 

PLAYZONEがなくなればTravisJapanも自然消滅なんて言われてたかもしれないけれど、様々な先輩のバックダンサーを担ったり、個人での仕事も少しずつ増える中で、ようやく一つのグループとしての単独公演、そして「ザ少年倶楽部」でもグループとして全員での出演。

 

ファンの声もあるかもしれない、大人の力もあるかもしれない、けどTravisJapanは不遇の時を経て個々が着実にステップアップすることを諦めない直向きなグループだと私は思っています。それがレギュラー出演復帰を掴んだのだと確信しています。

 

 

じゃあ何故それがLove-tuneを好かない理由になるのか?

私としては答えなんて簡単なもので、「全てが中途半端で見ていて面白くない」に尽きます。

 

まず、TravisJapanから2人もメンバーをかっさらっていったことは、はっきり言って悔しい。でも、今の状況を見ればデビューに近いのは明らかにLove-tuneです。

なんとなく華やかな感じがするし、人気メンもいるし。

TravisJapanとLove-tuneを天秤にかけた時、どちらを選ぶか。

その問いの答えを出したのは、きっと本人たちです。

決まってしまったものに私たちが何を言っても翻らないのがあの事務所のやり方です。

 

叩かれていることを知っている大多数のLove-tune賛成派はメンバーの問題で嫌われてると思っている方が多いのかなと思いますが、少なくとも私は違います。

 

 

まず、バンド

演奏できないならやらなくていいです。見ていて恥ずかしい。

もちろん当初は楽器ができるメンバーを集めたのだと思います。

番組の意向で当て振り演奏なのかもしれないけど、視聴者は実際に演奏してるかしてないかなんて一目瞭然です。そんな適当なことするくらいなら要らない。まあこれはLove-tuneに限った話ではありませんが。

ジャニーズJr.祭りにもお邪魔しました。本当に楽器を演奏している場面があったのは分かります。私は音楽のプロでもなんでもないので、多分だけど。

「Fantastic Ride」とか、あの曲を演奏しながら踊るのはいくら演奏が上手でも厳しくないですか?特にベース。

あとCD音源を聞き込めば分かるけど、CDと一音の狂いもないなんて生演奏では100%ありえないですよね?

じゃあせめて生で歌えば?

何もかもが偽物のバンドなんて見たくも聞きたくもありません。

 

私は長らく関ジャニ∞のファンをしてきました。

デビュー前から自発的に楽器を触ってきた関ジャニ∞でさえここ数年でようやくきちんとしたバンド演奏ができるようになってきたというのに、ようやく世間に本物だと認めてもらえるようになったのに、たかだか1~2年のバンドもどきのアイドルがCDどおりの演奏なんて不可能です。

しかもダンスナンバーを楽器演奏するのはプロでさえ難しいはずです。

(ダンスナンバーは音を収録するのではなく打ち込みが大多数なので、いざ人間の手で演奏しようとするのは相当な練習が必要)

 

ただかっこつけたい、自分たちの道を見つけたいだけなら視聴者やファンを馬鹿にしないでほしい。バンドをなめないでほしい。やるならやれよ。

 

ふたつ目に

これは歌唱力云々ではなくて、「先輩の曲を歌わせて頂いているのであれば、多少リスペクトの気持ちを持って歌うべき」と思うのです。

そりゃかっこよく歌わなきゃいけないのはわかる。アイドルですから。

でもいつも「我が物顔で歌ってるな…」と思ってしまうんです。単純に私が穿った見方をしているからだと思いますが。

「Heavenly Psycho」「レスキューレスキュー」も、あまりの完成度の低さに驚きました。

「Heavenly~」は関ジャニ∞の楽曲の中でも屈指の名曲としてメンバーもファンも大切に扱ってきた曲です。そんな大切な曲を見つけ出して、テレビでパフォーマンスしてくれることは本当に嬉しいことだしありがたいと思います。だけど、かっこつけたいだけならやめてほしい。バンドであるなら尚更「ええかっこしい」はいらないんです。

「レスキューレスキュー」も、大したパンチもない勢いもない歌声で、懲りもせずエアバンドだし、せっかく良い曲なのに台無し…

 

どんな曲であろうと聞き手は色んな思い入れがあります。私はあまり関心はないけどLove-tuneの「CALL」だってファンにとっては絶対大切な曲で、それをいつか後輩がパフォーマンスしたときにまるで馬鹿にするようなパフォーマンスに見えたら絶対頭にくるはずなんです。

ロックナンバーであろうとダンスナンバーであろうと、誠意のあるパフォーマンスをしてほしいのですが、今のところ私にはそれが伝わってきません。

 

そしてダンス

TravisJapanは、トラビス・ペインの名前を背負った世界で唯一のグループです。ダンスのスキルを求められるのは当たり前だし、今も発展途上ではあるけれども、その声に応えてきました。

でもLove-tuneはそうじゃない。だからダンスは畑違いかというとそうじゃありません。本人たちもバンドもダンスもできるグループを目指しているようなこと言っていましたよね?じゃあある程度のことやってくれないと。

言っておくけどアクロバットはダンスではありません。

 

 

もう、あの美しいフォーメーションで踊る森田美勇人を私たちは過去の映像でしか見れない。9人の、8人の、7人のTravisJapanを振り返ることでしか見ることができない。TravisJapanの森田美勇人は過去になる。その現実を受け止めることしかできない。

でもLove-tuneには今後も森田がいる。1年半前まで(スキルは明らかに劣るけれども)TravisJapanにいた阿部顕嵐もいる。ダンスが上手いと評判の諸星翔希もいる。

ダンスを磨くには十分な人材が揃っている。

 

TravisJapanになれとは絶対に言いません。Love-tuneにはLove-tuneのやり方があるはずだから。

 

でも、森田のダンスへの情熱を潰さないでほしい。ずっとベースを握っているだけ、ニコニコしているだけの森田しか見れないんだったら、今後もLove-tuneを好きになる事は一生ない。

ベースは練習すれば弾けるようになる。笑うことは人なら誰でもできる。だけど森田のダンスは森田しかできない。

森田がLove-tuneで踊る意味をパフォーマンスで見せてくれないと、私はいつまでも煮え切らないモヤモヤした気持ちでいると思う。

 

 

 

 

 

各個人への意見はあえて言いません。アイドルは偶像、私が見ているTravisJapanだってどんなに見てても本当の人間性はわからない。だから穿った目でしか見れないLove-tuneのメンバーを批判するのは、ネット上では良くないかなと。同志には言うけど(笑)

 

大好きだった9人のTravisJapanは、大好きだった8人のTravisJapanになって、大好きだった7人のTravisJapanを経て、ずっと大好きな6人のTravisJapanになろうとしている。

Love-tuneの皆には、増員した分の熱量があってほしい。いつか好きになりたい。だって大好きなTravisJapanから2人も移籍したんだから。