「Goodbye & Hello」

いくつかの場面がありました

また君に逢うためのサヨナラをします

 

We'll Be Together

別れた時より素晴らしい明日を

創り出すために

We'll Be Together

サヨナラ言います

やがて来る明日を楽しみにしてます…

 

 

 

2017年8月16日、

EXシアター六本木で11時開演の

「~君たちが~King's treasure」Travis Japan公演に、偶然というかなんというか、神の一声があり(笑)参加してきました。

たったの一度しか見れなかったけれど、一度でも見れたことを本当にありがたく思います。

 

メンバーもファンもわかってた「最後の7人」

全然認めたくない「最後」

 

正直、彼にはここ数カ月イライラしたしモヤモヤしてました。

「最後の一人になってもTravisJapanでいる」

「どっちも100:100でやると決めた」

そう言ったのは彼自身で、それから間を空けずにいなくなるなんて無責任すぎると思っていました。 

今まで痩せこけても無謀なスケジュールでも彼はステージ上にいる限り手を抜くことはなかったし、それを見て受け手側も「こいつなら出来るのかもしれない」と妙な自信が生まれてしまった。だから、尚更。

 

でも限界はあっさり迎える。

もともと体の線が誰よりも細いし、どこにそんな体力隠してんだろうって思ってたけど、見えないところでとっくの昔に限界迎えてたんだなあ…正直今でも、いつ入院してもおかしくないと思っています。過労やストレスは精神疾患以外にも色んな病気になりやすいだろうし。

 

と、いうことで、

まずは森田美勇人に感謝を。

 

ありがとう。

見た目はチャラチャラしてるしヒョロヒョロだし今時のシティボーイだし、ソレ系で色々あったし(笑)、トラジャのように舞台仕事ばっかりで人数多いから全然名前も顔も浸透しないし、まず全員がやたら真面目なおかげで華もあるとは言えないし、どちらかというと地味なグループなのに、長いこと一緒に頑張ってきたってだけでどうしてずっとトラジャにいてくれるんだろうって心のどこかで…いや結構ずっと思っていました。

でも内に秘める情熱だったり、プレゾンに対する思いやトラビスの名前を背負っていることへの誇りだったり、それはもうファンには到底計り知れないくらい熱い思いを持ってパフォーマンスしてくれていたんだなって思います。

 

本当は、これでサヨナラなんて認めたくない。

秋の帝国劇場が終わったら、そっちのライブが終わったら、何事もなかったように、また7人で綺麗に揃ったダンスを踊ってほしい、いつかプレゾンが本当に復活したら、TravisJapanの一員としてステージに立っていてほしい。

森田がトラジャにいたから、トラジャの素晴らしさを知れた。ジャニーズJr.が先輩の後ろで踊る意味も知れた。

 

でも、

これが現実なんだ。

 

もう既にバラバラの道を歩き始めてるのかもしれない。きっと歩き始めてるけど、やっぱり寂しいし悔しいから、認めたくない。

でも、ずっとずっと頑張ってくれてありがとう。素晴らしいパフォーマンスをありがとう。これからもずっと、できる限り、200%の力で踊っていてほしいです。

 

Travis Japanの森田美勇人、ありがとう。 

 

6人は、また新たな試練が待ってるかもしれないけど、でも私たちが勝手に悲観的になってるだけで、もう未来へ走り出してるに違いない。

森田が掛け持ちを決めた時点で、いつか来るその時を覚悟してたと思う。

 

もう同じ思いはしたくない、それも本心だったと思うけど、だけどいつまでも森田の掛け持ちは続けられない。

その時が来たら、きっとまた人数は減る。

 

頭のどこかにその思いはあったと思う。私たちですらあった思いだから仲間なら余計に。

でも、その時が来ても前を向くしかないから、何人になってもTravis Japanを守ろうって思ってくれてたんじゃないかな。

 

6人も、ありがとう。私たちの大好きな大好きなTravis Japanを守ってくれて、強くなってくれて、ありがとう。

 

今日、キスマイのツアーが全部終われば、キスマイのツアーが終わるのと同時に、7人のTravis Japanもきっと終わる。

森田の明日と6人の明日は、同じではなくなる。でも、森田が居たことに変わりはない。森田が今いる6人に教えてくれたこともあるだろうけど、6人が森田やヒロキや阿部顕嵐に教えたこともあると思う。

3人が抜けたことを悔やむことも絶対にあるけど、6人で最高のグループを絶対に作れる。

 

きっと僕らが生きる明日は

悲しいけどもう一つじゃない

それでも君がくれたぬくもりだけが

胸にあるんだ

 

そして僕はなんどもその手を

思い出して泣きそうになって

「情けないな」と悔しがって

また前を向くんだろうな

 

いつの日にかまた春が来たら

今度こそはちゃんと伝えるよ

君に出会えてよかった

僕は明日を生きている

僕らが見たのは 青春のすべて

忘れはしないよ 季節が変わっても

 *1

 

 

 

 

ここからは、コンサート内容を。

 

前日にネタバレを見てたので動揺を隠せなかったのですが、まさか森田が最後とはいえプレゾン曲をやってもらえるとは…

私は青劇未経験どころかプレゾンは映像の世界しか知らなかったので、もう一生ないのかもと思っていたものが目の前で繰り広げられるなんて幸せこの上ないことでした。

小さな会場だけれど、「Guys PLAYZONE!!」と大きな声で言えた事を嬉しく思っています。

正直整理番号は遅い方だったのでステージ全体は全然見えなかったのですが、はっきり言って夏の六本木では最も熱い夏のステージだったと断言します。

ステージに立つ人間も、そして観客も、あんなに魂をぶつけ合うコンサートは初めてだった。

アンコール前は静かに泣きました(笑)

「どうしよ〜〜どうしよ〜〜(泣)」ってずっと言ってたんだけど、アンコールで自然発生伊達メガネをした中村海人見て笑いが止まらなかった。本当に顔小さいね…

 

 

もちろんプレゾン曲だけじゃないので他にもかっこいい曲があればワイワイできる曲もあったので楽しかったです。息つく暇もなく。あ、カジリーグ何気に全問正解したよ(笑)

見学には阿部顕嵐長妻怜央阿部顕嵐の私服を特定したので一応載せておきますね(笑)

たぶんこれで間違いないです。

長妻くんもチャンパオ似合ってて私も欲しいと思った(笑)

 

そしてオリ曲!普通にカッコいいしキャッチーでどこか懐かしさもあるし、タップダンスやったりステッキ使ったり盛り沢山でとても良かった!

少クラで早く観たいので要望たくさん出します。テレビないけど。

あとすんごいリツイートされたやつ

私フォロワー30人くらいしかいないのに300超えのファボきて驚いたんだけど、「みんな思ってたんじゃーん!」っていうのと「みんなどう?聞きたい?聞きたいよね?意外でしょ?うちの秘蔵っ子歌上手いんだよ」っていう見せびらかしたい気持ちが交差して、とりあえず嬉しいです(笑)

でも本当に歌上手いから!*2あとさらに痩せてたからオバさんちょっと心配しちゃったよ!

 

 

 

 

 

 

さーーー秋からまた舞台続きますね!私は今のところどこにも行く予定がないのですが(笑)、トラジャがトラジャでいられるなら何だっていいや!

 

 

Travis Japan is the bomb!

 

 

 

*1:関ジャニ∞ - 青春のすべて

*2:後からガムシャラ!改めて見たらあの時は言うほど上手くはなかったけど、ジュニアの中なら上手い方って感じ