責めるのも肯定するのも間違いじゃない

Travis Japanの最年少・梶山朝日が「デキ婚」で退所するらしい。

 

 

SNSで噂程度の話を知った時は半信半疑だったけど、先日終幕を迎えた舞台のレポートを眺めていると、まあ概ね間違っていなさそうだなと。

でもさ、正直責めるのも違うと思うし偉いっていうのも違うと思うんですよ。反面、責めるのも合ってるし褒めてあげるのも合ってると思う。正解がない。と、思う。

 

きっと女性関係はそんなに良くなかったと思う。ただ、ステージ上のカジは本当のエンターテイナーだった。それだけは変えられない事実。

プライベートのことをとやかく言っても仕方ないのがファン。仕事をきちんとしてくれる事が一番。アイドルとファンの関係なんてそんなもんだと思う。

だけど、これから先も正真正銘エンターテイナーのカジを見れると思ってたファン、特に担当の人は今どう思っているだろうか。

トラジャの人数が減りに減って、心機一転頑張ろうという時にこういう事態になったこと。きっと良く思わない。

まだ10代だから、ステージに立つ人間としてのこれからを楽しみにしていたファンは絶対に悲しくて悔しいはず。

認めたくない。相手の女性を責めるに責められない。そんな感じかな…

 

バカだなぁ、カジ。前にメンバーに似たような事件あったんだから気を付けなよ。遊ぶのは勝手だけど、そこに新たな生活が生まれてしまうと訳が違うじゃん。

6人で頑張ろうとしてたトラジャはどうなるの?また一人抜けたことでこれまでのフォーメーションでは成り立たない部分が必ずでてくる。6人だったらつけたかもしれないデビュー組のツアーがあるかもしれない。もしかしたら、チャンスをいくつか逃してしまったかもしれない。

これから6人で出来たであろう色んなことがかなわなくなる。残った5人プラス少しでもカジを認めてくれていた人たちに少なからず迷惑はかかっている。そう考えると、叱咤されたって文句は言えない。

 

私は、カジは仲間や大人に怒られて当然のことをしてしまったと思う。

 

でも、成り行きだったとしても相手の女性のお腹に宿った命を優先したことは素晴らしい決断だと思う。

女性にとって結婚・出産は人生において大きなこと。相手の女性も、もしかしたら成り行きかもしれない。当人同士のことはわからない。けど、これから明るい未来が待ち受けているであろう小さな命のために、カジ自身が身を切る思いで今の夢を一旦諦める決断をしたことは、一人の人間として誇っていいと思う。

これから自分の血を分けた宝物が生まれる事、不安もあるかもしれないけどステージに立つ事と同じくらい何にも変えられないかけがえのない日々が待っている事、それを選んだ。

 

梶山朝日という人に、祝福をしてあげたい。今はまだ噂の域を出ない。これがもし捏造だったら未来の朝日パパへ。

おめでとう。きっと生まれてくる子はカジに似てハッキリした顔つきの子だね。たくさん愛してあげよう。人を育て上げるのは簡単な事じゃないと思う。いっぱい悩んでいっぱい苦しむこともきっとある。親であることが心苦しくなることもあるかもしれない。

頑張ることでもないかもしれない。でも、頑張って奥さんをサポートしてあげてください。頑張って素敵な家庭を築いてください。いつか子供に、カジがステージで輝いていたことを話せるといいね。DVDもあるから、見せてあげられるといいね。

 

 

 

 

 

 

トラジャの前進をまた遅らせてしまったかもしれない。それは責めてもいいことかもしれない。

でも男として、人間として決断をしたことは祝福してあげてもいいと思う。

アイドルも人の子。忘れてはいけない。

 

 

 

今回はいずれ雑誌で語ってくれそうもない内容だけど、葛藤があっていいと思う。メンバー同士にしかわからない信頼感とかが絶対にあるから、裏切られたと思ってしまうのも凄くよくわかる。

きっとここから、また上がっていけると信じています。

 

憧れのドリームステージに行けるまで、ずっと応援しています。

 

 

(追記)これを書き終えて公開する前にTwitterを少し覗き見したら、次号のアイドル誌にはすでにいないようですね。退所確定と思ってよさそう。

ただ、何やらカジの子供じゃない…?なんだかよくわからないのでこの話題はこれっきりにしたいと思います。過ぎた事はどうしようもない。

元気でね、カジ