森田美勇人、22歳だってよ

ということで、森田さんお誕生日おめでとうございます。

もう22歳か。早いなぁ。

 

昨年はこんな記事を書かせていただきました。

universal-arch.hatenablog.com

 

昨年の時点でLove-tuneすでに結成されているのに、少しも触れていない(笑)

いや今でも認めてませんけどね

 

 

21歳は色々変化がある年なのかもね~とかぬるいこと言ってますけど、

色々どころじゃねえんだわ過去の自分よ。まじで。

森田美勇人がTravis Japanじゃなくなる未来なんて想像もしてなかったよ。

 

私は森田美勇人のダンスに惚れて、彼が踊り続けるかぎりずっと応援したいと思っていました。ただ、それは幾ら彼自身が本気でダンスを続けていようが、彼の周りに彼を引き立てるTravis Japanがいて、彼がTravis Japanの他のメンバーを引き立てるということが大前提だったんです。

 

森田がセンターじゃなくても浮かないグループはトラジャしかないと思っています。彼の異様なまでのダンスパフォーマンスをグループとして中和できるのは、どこを探してもトラジャしかいない。(あとはプレゾンカンパニーね)

だからこそ、こんな未来が来るなんて想像できなかったし、したくなかった。

 

今年の夏、Travis Japanとして最後のEXシアターのステージを一度だけ観ました。

 

ああ、やっぱり森田は踊るために生まれてきた人だ。最高にアートだ。そう何度も思いました。それが最後とわかっていても。

ステージ上で、彼は本当に心から楽しそうに踊るんです。心からの笑顔で。画面越しや誌面越しでは感じられない、実際に目の前で見る森田は、本当に楽しそうだった。

 

あーーーー…現実は残酷だな…なんて終わった後に思ったり。

 

Love-tuneの活動スタイルを考えると、もう私が見たい森田はこの先見れない。きっと「森田のダンス最っっっ高だな!!やっぱ好きだわ!!」って感情になることはこの先無い。

ベースを弾く森田が嫌いなわけではない。ベースって地味な楽器だしテクニックがなければ成立しないし、かっこいいと思う。ダンス以外の武器を持つ森田は強いと思う。

だけど森田のダンスに惚れていた私は、この先「好き」が更新されることはない。

 

 

森田美勇人さん、22歳の誕生日おめでとうございます。

Love-tuneとして単独ライブも終えて、元旦からの舞台出演も決まって、今はちょっと休める時期かと思います。ハメを外しすぎないように気を付けてください。

これから先、森田美勇人という一人のアイドルとして生きるためにLove-tuneを選んだのは、過程がどうあれ森田自身で決断した事だと思います。これから先、森田美勇人というアイドルのポテンシャルが爆発してくれないと、ずっとひねくれた事しか言えないです。Travis Japanを捨てたという言い方は良くないかもしれないけど、捨てたんです。Travis Japanをあきらめたんです。そしてLove-tuneを選んだのです。絶対売れてください。Travis Japanはもう前を向いています。いつまでも森田の存在を惜しく思っているようなグループじゃありません。

 

22歳はジュニアとしては若くありません。これから1年、何があるかわからないですが、日々をどう過ごすかが大切だと思うし、それは本人もわかっていることだと思います。まあ、そっと応援してます。ずっと踊っててください。おめでとう。

 

死ぬほど好きで生きてみろよ もっと濃い人生を 

仕事は抱きしめちゃくれないけれど

見上げりゃ空からパワー補充

旗を振れ青空に 行け!Big Sky Blues

 *1

*1:関ジャニ∞ Big Sky Blues